2021年1月26日プロレスリングBASARA新木場大会。

昨日1月26日は、プロレスリングBASARA新木場1stリング大会でした。

緊急事態宣言の中、後楽園ホールに引き続きご来場頂いた皆様には心より感謝です。

色々あった大会でしたが、まずは自分の試合から。

第一試合で、BASARA初参戦のレッカさんと組み、中野・神野組とのタッグマッチ。

レッカさんとリング上であったのは久しぶりでしたが大きくなってたなあ。自分が痩せたというのもあるけど笑。

試合は、最近考案した新技で中野からタップアウト勝ち。

’’虎舞羅固め’’(こぶらがため)と命名。

横三角締め+コブラツイスト+ストレッチマフラーホールドです。

中国武術の関節技を総称して擒拿術(きんなじゅつ・ちんなじゅつ)と言いますが、日本に広く紹介したのが古流柔術家の佐藤金兵衛先生。

で、中学生の時、学校の図書室に佐藤金兵衛先生の”柔術入門”がありメジャーじゃない格闘技(中国武術や古武術)に興味を持つきっかけになりました。ブラジリアン柔術をやっている今、今一度この本を読み返してみたい。

メインイベントでは久保さんが、ユニオンMAX王座に挑戦。

久保さんは普段から自分の欲を大きく主張するタイプではないので、後楽園ホールでの挑戦表明は意外だったし嬉しかった。

それだけ、チャンピオン塚本拓海を倒すということに魅力があるのかも知れない。

後楽園ホールでの自分に続き、アジアン・カンフー・レボリューションからの挑戦二連敗となってしまったが、アジカンの誰もが、シングル王座射程圏内だというのを証明していきたい。

そして、今大会を持って、しばらくプロレスを欠場する関根さん(写真は1月16日の復刊若手通信でのものです)。

自分は、関根さんにとっては年上の後輩だし、色々気を使わせてしまっていたところもあったと思います。

ただ、自分は常に関根さんが羨ましかった…。

だって、ヘヴィメタルと言えばドラゴン。

カンフーと言えば、ドラゴンだからね笑。

関根さんがいない間、ドラゴンの座は私が‥と言いたい所ですがBASARAには龍をかけて闘ったりしてる人もいるので難しそうです …笑

誰もナチュラル・ボーン・ドラゴンには勝てない!

冗談は置いておいて、ゆっくり休んでまたいつもの調子で元気にリングに帰ってくるのをお待ちしております。

次回のプロレスリングBASARA大会は2月13日の高島平。

万全の感染予防対策でお待ちしております。

2021年1月20日 ユニオンMAX王座挑戦。

12/22のBASARA新木場大会での王者の逆指名により、1/20BASARA後楽園ホール大会でのユニオンMAX王座への挑戦が決まりました。

勝てば4年ぶり三度目の戴冠になります。

チャンピオンの塚本拓海によると5周年記念の大会である1/20後楽園ホールで旗揚げのメインでやった自分とということでの逆指名とのこと。

自分のプロレスラーとしてのキャリアが約10年なので、振り返ってみるともう、半分がBASARA所属ということになります。

勝てば4年ぶりの戴冠ですが、この数字の通り陥落後ここ数年はユニオンMAX戦線からも離れてしまっていました。

新たなスタートを切ったユニット、アジアン・カンフー・レボリューションを盛り上げるためにも落とせない戦いです。

写真は、1度目、2度目にユニオンMAXを巻いていた時(twitterで拾ったものです)。

あのベルトはやっぱ俺のものだ!

皆様のご来場をお待ちしております。

道南リング 臥牛山トーナメント2020優勝

2020年11月21日㈯、22日㈰大中山コモンにて開催された、道南リング、臥牛山トーナメント2020優勝を収めることが出来ました。

21日一回戦では、ダークネス・ベアー選手。

22日準決勝では山本裕次郎選手、そして決勝では道南リング代表のカツオさん。

いずれも、苦しい戦いでしたがコロナ禍で大きく予定が狂い、やろうと思っていたことやらなければならないことが出来なかった今年、何としてもリング上で結果を残したいという気持ちが優勝につながったかと思います。

この苦しい状況の中、開催したカツオさんの決断と行動力にも心から尊敬します。

トーナメントの試合をYouTubeにアップしておりますので良かったらご覧ください。※是非、チェンネル登録もお願い致します。

トーナメント一回戦 vs ダークネス・ベアー

トーナメント準決勝 vs 山本裕次郎

トーナメント決勝戦 vs カツオ

道南リング 臥牛山トーナメント参戦情報。

2020年11月21日㈯、22日㈰大中山コモンにて開催される、道南リング、臥牛山トーナメントに参戦します。

前身のカツオさん自主興行時代から参戦させて頂いている道南リングが初のシングルトーナメントを開催。

プロレスリングBASARAではIRON FISTタッグトーナメントが開催中ですが、こちらも思い入れのある道南リングでしっかり結果を残したい。

昨年末の道南リング参戦時の試合をYouTubeに公開していますので良かったらご覧ください。

2020年11月5日 会津駒ケ岳(2,133m・尾瀬国立公園)登山記録

2020年11月5日

初冬の会津駒ヶ岳に登ってきました!

認識が甘く、ノーマルタイヤで来てしまったので途中、危険だと感じ駒ヶ岳登山口駐車場に停めるつもりでしたが6kmほど手前の屏風岩駐車場に停めてそこから登山口まで歩きました。

ルート・屏風岩駐車場~駒ヶ岳登山口バス停~滝沢登山口~会津駒ヶ岳山頂をピストン

バス停からしばらく続く舗装路から登山道に入るとすぐに積雪あり。
アイゼンは必携でした。

9:15 屏風岩駐車場を出発。

途中、かなり長いトンネルがありますが、日中でも怖いですね笑

約6kmを徒歩で駒ヶ岳登山口バス停に10:30到着。

11:00滝沢登山口到着。既に積雪がそこそこあります。

14:30駒の小屋前を通過。

14:45会津駒ヶ岳登頂!

今回は時間あまり余裕が無かったので写真を撮り直ぐに下山開始。

滝沢登山口まで下ったのが17:00過ぎ。既に真っ暗。

屏風岩駐車場まで戻ったのは19:00前になってしまいました。

YAMAPの記録はこちら

2020年10月16日 三原山700.9m(八丈島、東山)登山記録。

八丈富士も登りましたが、八丈島最終日に三原山にも登りました。

こちらも、八丈島富士同様、アクセスも全て徒歩・ランニングで行きました!

宿から出たところが登山スタート!

ルート・ロッジオーシャン~八丈島空港~登山口~三原山山頂~登山口~八丈島空港

8:00 まずは宿から空港まで歩き空港のコインロッカーに不要な荷物を預け、三原山へ。

空港から登山口へ徒歩!この建物趣があって好きです。

八丈中央道路を宗福寺前で三原山の方へ入って行きます。途中、土砂崩れ?で工事していましたが徒歩なら通行可能でした。

8:50 登山口到着!

雨が降ったりやんだりでしたが、本降りにはならずにすみました

頂上間近のアンテナ

9:30 三原山登頂!登山より、登山口までのアクセスの方が長かった笑

帰りも、そのまま来た道を空港まで戻り、そのまま帰宅。楽しかった八丈島もこれにて終了です。

2020年10月24日 雨飾山(1,963.2m・妙高戸隠連山国立公園)登山記録。

長野県、新潟県の県境の山、雨飾山に登ってきました!

ルートは、雨飾高原キャンプ場から山頂をピストン。

8:40 雨飾高原キャンプ場出発。駐車場はかなり埋まってました。

とにかく、紅葉が綺麗に尽きる。

荒菅沢

山頂直下。

11:10無事に登頂成功!

寒かったですが、一時間ほど山頂に滞在して下山開始。13:20に雨飾高原キャンプ場に戻ってきました。

2020年10月14日八丈富士854.3m(八丈島最高峰、西山)登山記録

八丈島の最高峰、西山こと八丈富士に登って来ました!

ルート:神湊港9:15~ロッジオーシャン~登山口11:20~火口入り口~八丈富士山頂12:00~ぐるっとお鉢巡り~火口入り口~浅間神社~火口入り口~登山口13:10~ロッジオーシャン15:00

竹芝

前日の東海汽船夜行フェリーで竹芝を出港し朝9時に八丈島神湊港に到着!

神湊港

今回は、レンタカーも借りずの旅だったので、到着後、そのまま徒歩で宿のロッジオーシャンへ。チェックインの時間前なので荷物だけ預け、そのままさらに徒歩で八丈富士の登山口へ!

こちらの登山口に着くのに港から約2時間かかりました笑。土砂崩れがあったようで登山口周辺は工事していましたが、通行は可能です。

火口までは石段を登っていく。

火口入り口。ここからお鉢巡りがスタート。

山頂は風も強くガスっていて小雨もぱらぱら来てましたが何とか登頂出来ました!

その後、お鉢巡って火口入り口に戻り、いったん火口の下の方にある浅間神社へお詣りに。

火口の原生林の中にたたずむ鳥居は実に神秘的でした。

そして下山。

登りでは気づかなかったんですが、登山口~麓までの間に牛が放牧されている箇所があり、牛さんがいました笑。一瞬、熊かと思って焦りました汗。

下山後も徒歩で宿まで戻り、登山終了。

港からの登山だったのでほぼ標高0m~854.3mまで自分の脚のみで登りました!

登山の模様をYouTubeにも上げましたので良かったらご覧下さい。

ヤマップの記録はこちら

最終章・僕が薄井を恨む理由。

前回、からの続き。

ついに今回こそ最後にします。

意気揚々と、僕のお古のショートタイツを受け継ぎたいといってくれた薄井君。

それは、昨年末。

BASARAの西新井大師西スタジオ大会。

そこで薄井君はエキシビションマッチを行いました。記憶は曖昧ですが、確かこのエキシビションの内容次第でデビューが正式に決定するはずだったと思います。

結果は…、見事、合格し後楽園ホールでのデビューが決定しました。

そして、僕はわざわざ実家によって物置を掘り起こしてまでして持ってきたショートタイツを薄井君にプレゼントしたのでした。

以前の記事にも書いた通り、3つの黒ショートタイツがあったのですが、せっかくのデビューでお古はかわいそうだと思い、3つあったうちの作ったけど結局サイズが小さくて使わなかった新品未使用のショートタイツをプレゼントしました。薄井くんは当時の僕よりかは一回り身体も小さく感じていたのでサイズ的にも丁度良いかと思ったのです。

西新井大師西スタジオの控え室で試着した彼は、

「ぴったりです!使わせて頂きます!ありがとうございます!」

力強く言い放った彼の姿が脳裏に焼きついている。

そして迎えた、彼のデビュー戦。後楽園ホール大会。

リングの設営を終え、選手たちはリング回りで各々アップする中、遠めでコスチュームを着た薄井君が目に入りました。

お!着てるな!

と近づいてゆくと、

は?

はあ???

そこには、青いショートタイツをはいた薄井テツオが鎮座していました。

僕の姿を見るなり、気まずそうにして、彼は一言。

「あ、すいません。実はやっぱり青いのが良くなって買いました!」

は?

「い、いただいたものは他団体とか別の機会で使わせて頂きます!」

はあ???

『はああああああああ???てめえ、もう使わなくていいから今すぐ返しやがれ!こらぁ怒!』

と、

思わず口からでかかったものの、

デビュー戦を目前に控え、緊張もしているだろう彼に対し、強張る顔を無理やりにこやかにしつつ、

「お、そうか。デビュー戦頑張れよ!」

と大人な対応を。

しかし、

その心のうちは、

『おまえには、何があっても一生先輩らしいことはしてやらん!怒!』

と固く誓ったのであった。

長くなりましたが、以上が僕が薄井鉄央君を人間として全く信用出来なくなってしまったことの顛末であります。

僕が3つのショートタイツを所持していた理由など書いていく内に、長くなってしまいましたが極力、記憶をたどり過去の内容も正確に記述するよう努めました。

改めて大家健さんと薄井鉄央君に対する積年の恨みを忘れないためにもブログに記させて頂きました。

最後まで、お読みになったかたありがとうございました。

デビュー戦直後と思われる僕。

一生恨み続けます。

前回からの続き。

はい。ようやく今回で最後になると思います。多分。

そんなトラブルがあり、デビュー戦を前にオーダーメイドで作った黒いショートタイツはわずか3試合ほどで行方不明に。その後は大家さんのおさがりパンツで試合するハメになった僕ですが、もやもやとした気持ちながらなんと結局、1年近くもおさがりパンツで試合することとなります。

早く新しいの作れば良かったんですが、なんでしょうかね?絶望が大きかったからか新しいモノを作る気力がなかったのかもしれません…。この件については大家さんのことは一生恨み続けるでしょう。もう、本人はこれっぽっちも覚えてないかもしれませんが僕は一生忘れないでしょう。

ともかく、一年後にようやく新しく黒いショートタイツを作ったのでした。そしてこのとき、もしかしたらまた不慮の事故で紛失するかもしれない…!?と思い、二つ作りました。

これからもっと体重が増えたらと思い一つはサイズが大きめのモノ。一つはこれから体重が減ったらと思い自分のジャストサイズより小さいモノ。

結局、小さいモノは当時の僕には小さすぎて大きいモノしか使いませんでした。この時点で僕の手元には大家さんのおさがりパンツを入れて3つの黒いショートタイツが。その後、コスチュームを変更して、ロングタイツにしたりしたのでショートタイツは3点ともお蔵入り。

さて、時代は進んで昨年末になります。

デビュー戦を控えた薄井鉄央君に、コスチュームどうするの?と聞いたら意外にも、

「ショートタイツでいきます!」

との答え。最近はデビュー戦からハデでキラキラしたコスチュームの選手も沢山いるのでこの答えには(俺と同じだなあ)と好感を持ちました。

聞くと、日は迫っているのにまだコスチュームの用意はしていないとのこと。

話の流れで、上記の僕が大家さんのおさがりパンツをはいていた経緯を話し、僕の実家に黒いショートタイツが眠っている話をしました。半分冗談で、

「間に合わなかったら大変だし、俺のショートタイツあげようか?」

と、テツオ君に言いました。まあ、デビュー戦だしおさがりなんて嫌だろうな笑。と思いつつも。テツオくんは、

「欲しいです!僕にそのショートタイツを受け継がせてください!」

と目を輝かせて言い放ったのでした。

すいません、最後になると思いましたが、疲れたので一端筆を置きます。

続く。

俺は、一生恨み続けます。