2019年1月17日両子山(720.6m大分県国東半島) 登山記録。

2019年1月17日両子山(720.6m大分県国東半島) 登山記録。

中山仙境に続きこの日、二度目の登山。山麓に位置する六郷満山両子寺からスタート。

両子山は両子寺から舗装路と山道(町境尾根)二つ山頂へ続く登山道があるのですが、今回は登りは舗装路から下りは山道から行きました。

今回のルートは、

両子寺参拝入り口~舗装登山道~山頂~町境尾根~鬼の背割り~針の耳~百体観音~奥の院本殿~両子寺参拝入り口

両子寺参拝入り口前の駐車場に駐車し出発。

両子寺参拝入り口。ここで参拝料300円支払います。

入り口を入ると左手に書院・客殿、右手に護摩堂。奥にはこれから登る山頂が見えます。

書院・客殿、護摩堂を過ぎると奥の院に続く道と山頂へ続く舗装路の登山道に分かれます。今回は舗装路の登山道へ。

ひたすら登ります。かなり傾斜のきつい箇所もあり中々心肺トレーニングになるな笑。この道、車で通るのも傾斜きつくて怖そう。

 

ようやく、山頂のアンテナが見えてきました。舗装路はこのアンテナ工事のために作られたようですね。

山頂到着。登り所要時間約40分でした。展望台があり景色は最高です。

下りは山道の町境尾根コースから下ります。

こちらも意外と傾斜のきつい箇所ありですが、補助ロープも張ってあります。

鬼の背割り。

針の耳。

百体観音を経て、

奥の院の手前にある登山口に無事下山。

奥の院で参拝して登山終了です。下り所要時間約35分。

低山ばかりとは言え、二日間で三登山私の趣味に付き合ってくれた今村君ありがとうございました。

大分県の山は過去に百名山にもなっている九重山や有名な由布岳、昨年は鶴見岳など登ったが今回は国東半島の低山を登ってみました。低山をいえ、やはり独特の奇岩が連なる険しい山が多く楽しい山行でしたね。この山域でまだ登っていない山もまだまだ沢山あるのでまたの機会に訪れたいと思います。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です