2019年1月22日鍋割山(1272.5m 丹沢大山国定公園) 登山記録。

2019年1月22日鍋割山(1272.5m 丹沢大山国定公園) 登山記録。

丹沢の鍋割山に登って来ました。どちらかというと昔はややマイナーな印象の山でしたが、数年前に山頂にある鍋割山荘の鍋焼きうどんがテレビ番組で紹介されてから、この鍋焼きうどん目当てでかなり人気となっているようです。個人的には10年位前に登って以来の鍋割山です。

鍋割山の登山コースは最もポピュラーな大倉から目指すコースと、寄からは前日に行った寄バス停から寄展望台を経て目指すコース、または寄大橋から目指すコースに大別されます。

今回は寄大橋からのコースで、こちらも雨山峠を経ていくコースと寄コシバ沢を経て鍋割峠に直で向かい山頂を目指すコースがありますが後者で登ってみました。この寄コシバ沢を使うルートは道が不明瞭、崩壊が激しく危険箇所が多いので登山者も少なくあまり推奨されていないルートですが、距離・所要時間は他のどのルートよりも最短となっております。

今回のルートを書き出すと↓

寄大橋~登山道入口~釜場平~寄コシバ沢~鍋割峠~鍋割山山頂

のピストン。

寄大橋。この橋左手、来た道から見て手前側に4~5台車が駐車できるスペースがあります。右手が登山道へ続くゲートとなります。未確認ですが、橋を渡った先にも駐車スペースがあるようです。確信は持てませんが、寄大橋からの登山はさほどポピュラーではないのでそうそう駐車に困ることはないのではと思います。今回はこの手前の駐車スペースに駐車しましたが私の車を含め4台でした。

ゲートを通過すると水源林管理棟があります。こちらに登山届けを提出します。この先から、登山道入り口までの約10分程はしばらくキャンプ場?となっている様ですが、現在使われているのかは謎です。

登山道入り口。

しばらく針葉樹林帯を登っていきます。

寄沢に出ます。ここから計四度、寄沢の横断があります。

寄沢で前日に続き、カモシカに会いました。実は、レアなイメージのカモシカですがニホンジカに比べゆっくり近寄るとあまり逃げません。この距離でも大丈夫でした。現在絶賛、狩猟期間ですが、この警戒心の薄さは天然記念物に指定され非狩猟鳥獣にされていることが自分でもわかっているんじゃないかと思います。

四度の寄沢の横断の後、しばらく巻き道を歩いた末、名無し沢を横断。ここも崩壊が激しく若干危険箇所にもされていますので注意しましょう。

すると釜場平に出ます。

しばらく進むと出ました。雨山峠に向かう登山道と寄コシバ沢の分岐に出ます。標識でもコシバ沢は!危!となっていますが、コシバ沢に進んで行きます。

しばらくは沢を登っていきます。道が不明瞭とのことですが、ポイントはどこで沢から左手の登山道に入るかです。

林業者つけているテープが結構みられますが、登山道の印ではないので惑わされないようにしましょう。自分の目を頼りにしましょう。僕の感覚では登山道に入れそうな箇所が二箇所あります。

一つ目はここ。写真左手に登っていく道があります。現に人の足跡もありました。

二つ目はここ。

どちらも行ってみたのですが、結果的にはどちらからでも後に合流し正解です。しかし一つ目の入り口はその後崩壊が激しいので(もしかしたら元々の登山道だったのかも)、二つ目の入り口から入って行ったほうがスムーズだと思います。写真の通り二つのピンクテープが貼ってあるので解りやすくもあります。

この沢~鍋割峠に向かう道でシカのものと思われる頭骨発見しました。

一つ目の入り口は崩壊が激しいと書きましたが、合流後も崩壊は激しいのでどちらにせよ登るには注意が必要です。マイナーな登山道にも関わらず親切にロープが張ってある箇所もあります。

土砂崩れが結構おきているようですね。

なんとか鍋割峠に到着。山頂まであと少し。

こっから先は驚くほど登山道が整備されています。

鍋割山山頂到着!約十年ぶり。ちなみに十年前は山頂に誰もいませんでしたが今回は鍋焼きうどんをすする人が10人以上はいましたね。平日でしたが。恐れべしテレビの力。マイナールートだったので登山中はカモシカ以外の哺乳類には出会わず笑。

そして十年前は見向きもしなかったが僕ももれなく絶景を望みながら鍋焼きうどんをすすります笑。十年前は基本お金は出来るだけ使わないようにしてて割高な山小屋は基本まず近寄りませんでしたからね。

山バッチも二つも買っちゃったよ。

元来た道を下山。登り約2時間、下り約1時間40分でマイナールートでしたが鍋割山としてはかなりの短い山行時間でした。やはりこのルートは注意が必要ではありましたが、登山にある程度慣れ、ポイントを押さえれば行っても大丈夫かなとは思います。推奨はしませんが。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です