2019年3月31日(日) 道南リング大中山コモン大会。

道南リング2019始動シリーズ2日目。

前日の知内町公民館大会に続き2日目の3/31は大中山コモン大会でした。

宿泊させて頂いた、知内温泉ですが朝出発まで時間があったので露天風呂へ。貸切!しかしぱらぱらと雪が!!

いざ、宿を出ると結構しっかりふってるじゃないの汗。

雪の道南リングでは、過去に脱輪事件やらなんやらあったので一瞬冷たいものが背中を走るも無事、本日の会場である大中山コモンに到着。

こちらの会場での試合は初めてだと思っていましたが、なんとなく来たことある覚えが…。

恐らくですが、過去に別会場で試合した時にお客さん用の椅子がないとかでここに借りに来たことがあった気が…。斗猛矢さんも言っていたので信憑性は高いです笑。

試合ですが、今大会は今までの道南リング大会とは赴きが変わり、全試合シングルマッチ。恒例の最後のメインイベントの後のバトルロイヤルもありませんでした。

自分の試合はと言うと、前日の対山本選手に続き、初対決となるエル・ホルネット選手とのシングル。

昨日の山本選手とはまた全く異なるタイプの相手。技を受けていて、おお!凄いこの技!凄い身体能力!とピンチにも関わらず感嘆してしまいそうになる場面もしばしば汗。

何とか、’鋼鉄の処女’で勝利。フィニッシュ技として試合を決められる関節技を持たねば!と使い始めた変形クロスフェイス’鋼鉄の処女’ですがなかなかBASARAのリングでは上手く使いきれていないというのが自分でもあり、今回の道南リングでは積極的に使ってみました。

さてさてメインイベントは、カツオさんと山本さんのシングル。

これでもかという位、プロレスの本来が持つ痛み、激しさ、迫力が前面に出た素晴らしい試合でした。会場で観ていたお客様には強烈な印象を与えたと思います。会場にはお子さんの姿も見えましたが、出来たらどう思ったのか聞きたかったな。

全試合終了後は恒例の記念撮影!バン!

これにて道南リング2019始動シリーズ終了。

 

エキストラトラックで道南リング道場にリングを戻し、カツオ代表にラーメンをご馳走になり、真の終了!

カツオさん、本当にお疲れ様でした!!!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です