タイの離島でお手軽魚突き!パタヤ・ラン島編 (2019夏 タイ遠征①)

7月の中頃にタイに行って来ました!

目的はいくつかあったのですが、一つがタイで魚突き出来ないかなと思ったのも一つの理由。

ファンダイブは盛んだし、出来るんじゃない??と思って色々調べたんですがなかなか情報は出ず。

そんな中、タイ人の友人に聞いてみたらリンクと共にパタヤで出来るらしいとの回答。

なるほど、こういうツアーを行っている会社もあるのか!でもこれだと魚のいるスピアフィッシングスポットまで連れて行ってくれるけど船はチャーターだしそこそこ予算が必要だな…。と思うと同時に、過去に何度も訪れていて馴染みのあるパタヤで出来るのか!という嬉しさもこみ上げてきて(笑)。

色々思案した結果、流石にパタヤビーチでは出来ないだろうけど、近場の離島。例えば一番お手軽に行けるラン島(パタヤからフェリーで30分程)なら出来るんじゃないだろうか!?という結論に達し行ってみました!

因みに、タイでのスピアフィッシングは国定公園に指定されているエリアはスピアフィッシングに関わらず釣り等、魚に触れること自体NG(ファンダイブで魚に触れたりするのもダメ)ですが基本それ以外は大丈夫なようです。

ラン島到着後は、原付をレンタルし島を回りながら良さそうな場所を探してみることに。ラン島って原付でゆっくり回っても1時間もかからずに一周出来てしまう小さな島なんです。

今回は、島の南方で良さそうなスポットを見つけ潜ってみることに。実際、最近は日本でもかなりメジャーになってきたシーカヤックフィッシングしている人もいたので魚はいるようです。

釣り人に話を聞いてみると、大物はいないけどね~。といった回答でした。釣り人の邪魔にならないよう注意しながら入水。

今回は、あまり気張らずまあ獲れたらいいなあ位の気持ちでしたが、結果は…。

潜って数分でダツがいたので反射的に捕獲。その後、近場の様子を見てみましたが何より遠浅で、かなり沖に出ないと大物はいなそうな雰囲気でした。という訳で可食サイズのものを数匹。その日中に食べられそうな範囲限定にしてダツ2匹、アイゴ2匹を獲って終わりにしました。時間的には潜り始めて1時間足らずです。

といった感じで、とりあえず魚突きは出来たという結果に満足です。大物狙いの本格的はスピアフィッシングはやはり沖に出る必要があると思いますが、磯遊びの延長でお手軽に魚突きしたい!といった場合には最適なんじゃないでしょうか?波は穏やかだし遠浅なので泳ぎにあまり自信がない方でも潜りやすいと思います。ただし巨大なウニがうじゃうじゃいたので要注意(自分も一度、踏んでしまいフィンごしでしたが出血しました)。

ラン島はその気になればバンコクから日帰りも可能ですのでお勧めですよ!

今回の模様をYouTube にもアップしているので良かったらご覧下さい!YouTubeチャンネル登録是非お願いします!

タイの離島でお手軽魚突き!パタヤ・ラン島。前編

タイの離島でお手軽魚突き!パタヤ・ラン島。後編


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です