明日は、BASARA新木場大会!

明日は、プロレスリングBASARA恒例の新木場大会’宴’

全対戦カードは↓

・ユニオンMAX選手権試合
≪王者≫高梨将弘 vs 藤田ミノル≪挑戦者≫

・IRON FISTタッグ選手権試合
≪王者組≫ツトム・オースギ&バナナ千賀 vs 木髙イサミ&関根龍一≪挑戦者組≫

・6人タッグマッチ
中津良太&谷嵜なおき&瀧澤晃頼 vs FUMA&久保佑允&SAGAT

・シングルマッチ
阿部史典vs下村大樹

・ハンディキャップマッチ
塚本拓海 vs 竜剛馬&薄井鉄央

・タッグマッチ
ヤス・ウラノ&風戸大智 vs 中野貴人&神野聖人

ユニオンMAX、IRON FISTタッグ2大タイトルマッチあります!

ユニオンMAX戦線からも最近は離れているが、なんといってもまだIRON FISTタッグタイトルマッチに自分達の名前が無いのがなんともいえないむなしさ。

そんなところで、タイトルマッチではないものの、UWA世界6人タッグ王者チームとの6人タッグの対戦です。先日の名古屋では戦闘民族相手の6人タッグ落としてしまったが、ここは必ず獲ってまたベルト視野に入れたいね。

って本日タイトルマッチに関する重大な発表しました!

自分の希望で4/11 FUMA FEST vol.4 のエイサー8戦が沖縄プロレス選手権タイトルマッチになりました!

BASARAのベルトももちろんだがこの機会を逃したらもう二度とないかもしれないあのベルトへの挑戦。

とりあえず、明日の新木場で4/11FUMA FEST vol.4のチケット買ってくれや!!!

明日のチケット予約は本日24時まで可能です↓

【大会名】伐折羅・佰弐拾弐〜宴〜
【日時】2020年2月18日(火) 開場19:00 開始19:30
【会場】東京・新木場1stRING
【当日券】飲み放題付き自由5,000円 ※18:20販売開始予定

~TIGETでのご予約は17日24時まで~

4/11 プロレス×へヴィメタルコラボイベント FUMA FEST vol.4のチケット情報は↓

≪FUMA FEST vol.4≫
Decade of Decadance~FUMA fuckin’10th Anniversary~

◆日時
4月11日(土)16:30開場/17:00開始

◆会場
東京・王子ベースメントモンスター

◆料金
オールスタンディング5,500円(当日6,000円)
※入場時ドリンク代別途500円必要

◆チケット
チケットぴあ・TICKETPAY・TIGET
FC先行販売=1月24日(金)~26日(日)
会場先行販売=2月1日(土)王子大会
一般発売=2月5日(水)

取り置き予約→TIGET

分からない方は hiroo.tsumaki.74@gmail.com までお問い合わせ下さい!

2020年2月16日激突!!Saitammer Slam 第50戦 大塚Hearts+にてDragon’s Denライブでした!

昨日は、激突!!SAITAMMER SLAM 第50戦 大塚HEARTS+にてDRAGON’S DENライブでした!

ご来場頂いた皆様ありがとうございました!

今年初となったDragon’s Denのライブでしたが新曲も披露!徐々にオリジナル曲でのセットリストも様になってきたかな汗?MCで話しましたが今年中に音源作ります!それからまだ情報未公開ですが5/4是非予定空けといてくださいね!

タイバンで以前オリジナル曲になる前にテーマ曲に使わせて頂いていたHammerheadのどくみそさんのThe 5th Dragon、それからプロレス界とも関わりの深いサンダーさん率いるHERNIA44初めて見れました!

主催の日高さんお疲れ様でした!日高さんは大のプロレスマニアでもあるのでイベントの要所要所にプロレスネタも入れてきます笑。興味ある方は是非いってみてくださいね!

ちなみに昨日は、猪熊さんとチェリーさんが見に来てくれました!

終演後、3人で寄った帰り道のアジアン料理屋の会計が6,666円だったという奇跡!どこまでもメタルな一日だったぜ!

今日はDragon’s Denライブ!

本日は、プロレス&メタルマニアの日高さんが主催するイベント”激突!!Saitammer Slam改めて第50戦”にてDragon’s Den のライブがあります!

会場は大塚Hearts。Dragon’s Denはトップバッターの16時からとなります!

ライブ自体は去年のFUMA FEST以来にして今年初!ですが新曲もやりますよ!

チケットの取り置き予約は14時くらいまででしたら受付できるのでどしどし駆け込み予約お待ちしてます!

 hiroo.tsumaki.74@gmail.com までお問い合わせ下さい!

FUMA FEST vol.4 エイサー8戦への思い③

前回からの続き。

エイサー8はいつもデルフィンアリーナ前でマスク姿で一人、呼び込みをしていた。

それが自主的なのか、会社からの指示だったのかは分からないが、一番キャリアが下にも関わらず沖縄プロレスの正式な所属選手じゃなかった俺は、そういうささいな雑用などもエイサー8に甘えてしまっている部分があった。

半分ノイローゼ気味になってから、ちょっとしたことがきっかけで俺も一緒に呼び込みをするようになった。控え室で緊張しているより、外の空気を吸ったほうが幾分、気が楽というのもあったと思う。

しかし、これが切っ掛けで、Nちゃんと出会うことになる。

’その瞬間’は今でも脳裏に焼きついている。

太陽の様な微笑みを浮かべた女の子がマスクを被った二人に近づいて来て話しかけてくれたんだ。

「え~、何やってるんですか??その覆面なんなんですか?一緒に写真撮っていいですか?」

「俺たちプロレスラーなんだよ~!ここで試合してるんだよ~!」

「国際にこんなとこあったんですね~!」

年下の先輩は女の子とのトークも俺より一歩も二歩も先を行っていた。

俺はほぼ会話に参加していない。ガチガチに緊張していたのだ。話によると国際通りの居酒屋でバイトしてる彼女も呼び込みをしたり、買出しでこの前を通ったりするようだ。

「こ、今度あの子がバイトしてる店にのみ行きましょうよ~。」

ほとんど会話に参加出来ていないくせにそんなこと言う始末。大学を卒業してから恋愛なんて全くしていなかったが、その瞬間、俺は完璧に人懐こいNちゃんの笑顔の虜になっていたのだ。

以来、待ち遠しいのは週一の休みから、Nちゃんが通るかもしれない呼び込みの時間。かっこいい姿を見てもらいたくて試合も頑張れた。

Nちゃんの働く店に飲みに行ったり、だんだん仲良くなってからはみんなで飲みに行ったりもしたけど、言いだしっぺの俺はろくに会話も出来ず…。結局叶わぬ恋だったが、年下の先輩はアドバイスを交えながら応援してくれた。

「自分で誘わないと意味ないですよ~。」

「返信がちょっと遅くても追いうちメールはダメですよ~。」

試合も何度か見に来てくれたが、最後までエイサー8から勝つ姿を見せる事は出来なかった。

理由はどうあれ、俺はなんとかノイローゼ気味から脱出。自分で言うのもなんだが試合もだんだん調子に乗ってきたのだ。公私共にサポートしてくれたエイサー8先輩のお陰で。

~続く~

FUMA FEST vol.4
Decade of Decadance~FUMA fuckin’10th Anniversary~

◆日時
4月11日(土)16:30開場/17:00開始

◆会場
東京・王子ベースメントモンスター

◆料金
オールスタンディング5,500円(当日6,000円)
※入場時ドリンク代別途500円必要

◆チケット
チケットぴあ・TICKETPAY・TIGET
FC先行販売=1月24日(金)~26日(日)
会場先行販売=2月1日(土)王子大会
一般発売=2月5日(水)

取り置き予約→TIGET

分からない方は hiroo.tsumaki.74@gmail.com までお問い合わせ下さい!

FUMA FEST VOL.4 エイサー8戦への思い②

前回からの続き。

実際に、エイサー8と初めて会うことになったのは自分が沖縄に行くちょっと前に行われた沖縄プロレスの新宿FACE大会。しかし、これからお世話になるので挨拶がてらに行ったこの大会、エイサー8を含め、数人を除き殆どの選手が初対面だったが、とにかく目まぐるしい記憶しかなく、試合も殆ど見れなかった。

という訳で、エイサー8との初めのコンタクトを遡っても、沖縄に行ってからということになる。

HPのプロフィールを見て感じていた第一印象。こいつなら勝てるかもしれない…と思っていたその男は実に万能な男だった。

リング上で熱い試合をし、セコンド、雑用もテキパキとこなし、しゃべりが苦手な自分とは180度違って人当たりも良く、分からない事があったら聞こうとする前に教えてくれる人だった。

「まだ、寮までの帰り道覚えてないですよね?一緒に帰りましょう。」

「一番近くのスーパー教えましょう。その近くに通ってるジムがあります。」

ここら辺が、一番古い記憶。

その時期。沖縄へ行って試合数が急増し自分も成長しているつもりだったが、勝てそうなはずだったその男はその数倍で成長しているように見えた。それはマッチメイクからも見えていた。

まずはあいつから倒して沖縄プロレスの序列を変えて行こう。から、なんとかあいつから一勝を…へ。そこから、勝てる日は来るのだろうか…。と変わっていくのにそう時間はかからなかった。

沖縄へ行って二ヶ月位たった時期。俺は確実にノイローゼ気味になっていた。起きたらまた試合が待っているのが怖かった。控え室に貼られる今日のマッチメイクを見るのが怖かった。

週一回の休みが待ち遠しく、どうやったら早く東京に帰れるか理由を探していた。

今だから言えることは、俺はユニオンプロレスという看板を背負っていなかったら確実に逃げ出していた。例えば、沖縄プロレスに一から入門して練習生として入っていたら夜逃げでもしていただろう。

俺が沖縄に行ったとき、彼はそんな生活を一番下の立場でもう3年間も経験してきていたのだ。

~続く~

FUMA FEST vol.4
Decade of Decadance~FUMA fuckin’10th Anniversary~

◆日時
4月11日(土)16:30開場/17:00開始

◆会場
東京・王子ベースメントモンスター

◆料金
オールスタンディング5,500円(当日6,000円)
※入場時ドリンク代別途500円必要

◆チケット
チケットぴあ・TICKETPAY・TIGET
FC先行販売=1月24日(金)~26日(日)
会場先行販売=2月1日(土)王子大会
一般発売=2月5日(水)

取り置き予約→TIGET

分からない方は hiroo.tsumaki.74@gmail.com までお問い合わせ下さい!

FUMA FEST vol.4 エイサー8戦への思い①

エイサー8との出会いは、2011年の秋。となるともう9年近くたつということになる。当時ユニオンプロレスでレスラーとしてデビューし2年目だった自分は、長期修行という形で沖縄プロレスに行かせていくことになった。

何故、修行なのかというと当時沖縄プロレスは、国際通りに常設会場デルフィンアリーナを構え、ほぼ毎日(定休日の水曜以外)試合を開催。定休日の水曜日も外でイベントでの試合が入ることもあったし、一日で外のイベントでの試合後にデルフィンアリーナで試合なんてこともあったので、そこで生きてる日数以上に試合経験が積めるということからである。そこまで試合をすると一試合一試合の緊張感がなくならないか?妥協は生まれないか?というとそこは、鬼軍曹HUBさん(当時は怪人・ハブ男)が目を光らせていたのである。

沖縄。当時は修学旅行でしか行ったことがなかった地。行く前には具体的にいつまで修行する等は決まってなかったが、体裁的にも物理的にも一度行けばそう簡単には戻ってこれないことは容易に想像出来た。当然、不安もあった。沖縄プロレスのHPの選手プロフィールページを見ては、どんな選手がいるのかリサーチした。

このダ○いマスクをした人は本当にオジさんなのだろうか…。

ダメだ…。怖すぎる。この人は、マスクも怖いけど実際も怖いに違いない(事前に稲○さんという人からのリークもあった)。

想像に想像を重ねた。

そんな中、HPの一番下の方に載っていた選手がエイサー8だった。

マスクのデザインはカッコいいほうだけど、マスクを着こなせてないな。マスクに被られてる感がある。目が弱そうだ。プロフィールによると俺より若い。こいつならなんとか勝てそう。

それがノートPC越しに見たエイサー8の第一印象だった。

~続く~

FUMA FEST vol.4
Decade of Decadance~FUMA fuckin’10th Anniversary~

◆日時
4月11日(土)16:30開場/17:00開始

◆会場
東京・王子ベースメントモンスター

◆料金
オールスタンディング5,500円(当日6,000円)
※入場時ドリンク代別途500円必要

◆チケット
チケットぴあ・TICKETPAY・TIGET
FC先行販売=1月24日(金)~26日(日)
会場先行販売=2月1日(土)王子大会
一般発売=2月5日(水)

取り置き予約→TIGET

分からない方は hiroo.tsumaki.74@gmail.com までお問い合わせ下さい!

2020年2月6~8日 NERVOSA初来日公演。

ブラジルの3ピースガールズスラッシュメタルバンドNERVOSA!

一番始めMETAL JUSTICE TOKYOの西村オーナーにNERVOSAの来日公演の計画を聞いたのは確かもう1年半位前だったかと思います。中々決まらないのでもう話が流れちゃったのかなとすら思ってました汗。それだけ、今彼女たちは世界中のメタルプロモーターから引っ張りだこ。今回のアジアツアーのあとも2週間後だかすぐヨーロッパにツアーに行くとか。

世界最大級のブラジルのロックフェス、”Rock in Rio”ではIron MaidenやSlayer等そうそうたるバンドと共演し数万人の前でプレイした彼女達ですが、日本での知名度はまだそこそこかなと思ってましたが(正直言うと僕自身も西村さんに来日計画の話を聞くまで知りませんでした汗)、規模は変われど3日間ともほぼほぼ超満員。初日の6日は、モッシュピットデスマッチという形で共演でき本当に光栄でした!

今回は6日以外も空港に送迎にいったりと微力ながら公演のお手伝いさせてもらいましたが、何しろ彼女たちのステージと普段との変容振りが凄い!3人ともどちらかというと静かな普通の女の子といった感じでしたが(特にドラムのルアナ)、打って変っての鬼気迫るステージに圧倒されましたね!

自分はメタル(じゃなくても)なら割とオールジャンルで好きなバンドが沢山ありますが、どういうバンドが好きか共通点と探すと、ロック本来がもつ、激しさだったり衝動、カッコよさをステージで体感出来るバンドとなる(曖昧な表現ですが)んですが、NERVOSAもズバッと当てはまってすっかりファンになってしまいました!

メンバーとサウンドエンジニアのマーティンさん(Destructionのサウンドエンジニアでもあるマーティンさんは自身もBark、Furiaといったメタルバンドをやってるそうです)と。

バンドパッチ収集家としてパッチにもサイン頂いてGet!

再来日に期待しましょう!

2020年2月9日 プロレスリングBASARA 名古屋露橋スポーツセンター大会でした!

昨日は、プロレスリングBASARA名古屋露橋スポーツセンター大会、ご来場&応援ありがとうございました!

鋼鉄家族vs戦闘民族の6人タッグは、敗戦。

ここでしっかり勝って、鋼鉄家族で6人タッグのベルトも視野にと考えてもいましたが、そう甘くもないですね。

神田川(Kandarivas)とナイル川(Nile)の河川コーディネートで決めるも破れた佐川 。

ところで、今回の会場だった露橋スポーツセンター。プロレスリングBASARAでは初の使用だったと思いますが、なんとFMWの旗揚げ地だそうです。FMWの旗揚げ戦といえば…。そう。大仁田さんと青柳館長の一戦がここで行われていたんですね!

青柳館長は主にアジアンプロレスに参戦していた時期に大変お世話になりましたが、本当に自分がプロレス業界で最も尊敬する方の一人です。最近はなかなかお会いする機会がありませんが、そんな今でも半年だかに一度ふとお電話頂くことがあります。実際電話にでると「いや、特に用事はないんだけど、最近会ってないから元気にしてるか?」と。こんな自分なんかに館長ほどの方が気にして頂いていることが本当に嬉しいです。これももう6年前汗。ちょっと古い写真ですが、アジアンで鹿児島に行ったときの写真ですね。

モッシュピットデスマッチ with butcher abc!!!

6日は、ブラジリアンガールズ3ピーススラッシュメタルNERVOSA初来日公演、新宿WildSide Tokyoでのモッシュピットデスマッチでした!!!

沢山のご来場、NERVOSA目当てのお客様もモッシュピットデスマッチで一緒に盛り上がって頂き本当にありがとうございました!

そして、演奏して頂いたButcher ABCさんありがとうございました!改めて、プロレスの試合と、デスメタル・スラッシュメタル・グラインドの相性の良さを痛感!!!相乗効果で双方を盛り上げる一端になれる様、またやりたい!!!

というか俺がやりたいからまたやりたい笑!!!!

Butcher ABCの4人目のメンバージョン太郎さん(from 韓国)は試合後お話したら大のプロレスマニア!来日時は水道橋のプロレスショップなどいってるそうです笑


あと、それから実はGCWのシュラック選手やダニーハボック選手が会場に見に来ていたんですが、シュラック選手に何故見に来たのか聞いたらメタル大好きだし、プロレスとメタルのイベントだがら来たよ!って仰ってました!シュラック選手は本人もバンドもやっているそうです!

シュラック選手、橋山メイデンとSelf Deconstructionの葛葉さんSAGATと!

試合の模様をYouTubeに公開予定!なんですが最近またチャンネル登録の上がりが停滞気味汗なので、チャンネル登録500人達成で公開!したいと思います!是非是非宜しくお願いいたします↓

鋼鉄選手FUMAチャンネル

Nervosaの公演は本日2/8までですので、お時間ある方は是非是非この機会に観に行きましょう!

最後にMetal Justice Tokyoの西村さんこの機会を作って頂きありがとうございました!

2/6 mosh pit death match対戦相手はこいつだ!!

明後日に迫った、ブラジリアンガールズ3ピーススラッシュメタルNervosaの初来日公演でのモッシュピットデスマッチ!

諸事情で、公開が大変ギリギリになってしまいましたが、対戦相手はこいつだ!!!

“キング・オブ・メタル。レスラー” FUMA vs “地獄のデストロイヤー”SAGAT SIMMONS

画像を見る限り物凄いヤローのようだ!地獄のデストロイヤー!楽しみにしていたヤツも復帰が間に合ったようだ!

この日は、Butcher ABCも4人編成での参戦!

Nervosaのマーチは早い者勝ちだから初日は行くしかない!

チケットの取置き予約はギリギリまで受付中なのでお気軽にお問い合わせを!

2019年2月6日 19:00start

会場・新宿WildSide Tokyo

チケット・オールスタンディング¥6,500

チケットの取り置き予約は、 ・お名前 ・ご希望の座種 ・ご希望の枚数   を明記の上、hiroo.tsumaki.74@gmail.comにて承っております。