2020年1月20日 ユニオンMAX王座挑戦。

12/22のBASARA新木場大会での王者の逆指名により、1/20BASARA後楽園ホール大会でのユニオンMAX王座への挑戦が決まりました。

勝てば4年ぶり三度目の戴冠になります。

チャンピオンの塚本拓海によると5周年記念の大会である1/20後楽園ホールで旗揚げのメインでやった自分とということでの逆指名とのこと。

自分のプロレスラーとしてのキャリアが約10年なので、振り返ってみるともう、半分がBASARA所属ということになります。

勝てば4年ぶりの戴冠ですが、この数字の通り陥落後ここ数年はユニオンMAX戦線からも離れてしまっていました。

新たなスタートを切ったユニット、アジアン・カンフー・レボリューションを盛り上げるためにも落とせない戦いです。

写真は、1度目、2度目にユニオンMAXを巻いていた時(twitterで拾ったものです)。

あのベルトはやっぱ俺のものだ!

皆様のご来場をお待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です