風魔座『スペシャルID 特殊身分』

『スペシャルID 特殊身分』2013年香港・中国

『SPL/狼よ静かに死ね』、『導火線 FLASH POINT』に続く、ドニー・イェンによるMMA・プロレス技をアクションに取り入れた現代劇3部作の三作目。

アクションは言わずもがな素晴らしいものだが、内容的にはマフィア対警察。覆面捜査官のドニーという単純なもので、ストーリー的に上記二作よりは個人的に落ちるかなと言った理由で一度見た後は長らく見ていなかった作品だ。

が、今回見てハッとしたのがラストバトルで、ドニー・イェンが、アンディ・オンにヒールホールドを掛けたシーンだ。

日本公開時、初めてみた頃はきっと、お!ヒールホールドだ!ま、MMA技プロレス技がっちりだからまあ、あるよな。程度で終わっていただろう。しかし、ブラジリアン柔術を本格的に始め、組み技格闘技とその技の背景などもよく考えている今は…、

イワン・ゴメスによってブラジルから日本に渡り80年代にUWFで広まったヒールフックが80年代からから活躍するドニーによって2013年に銀幕で披露される、プロレスも映画もついでに音楽も80年代が好きな俺にとって胸熱シーン。

と大分、見方が大きく変わった(深くなった)!

ドニー・イェンがどの程度、日本のプロレスやMMAを知っているのかは謎だが、ドニーのアクション・チームには著名な谷垣ー・イェンがどの程度、日本のプロレスやMMAを知っているのかは謎だが、ドニーのアクション・チームには著名な谷垣健治さんを始め、日本人も何人かいるそうだからその中にきっとプロレスが好きな人もいるんだろう等と想像まで膨らむ。

同じ映画でも自分自身の背景や環境が変わると見方も変わってくることを実感。元々、好きな映画は何度見ても飽きないタイプだが、最近見ていない映画も改めて見ていきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です