風魔座『モスラ対ゴジラ』

『モスラ対ゴジラ』1964

題名の通り、本作の主役怪獣はゴジラではなく、モスラ。とは言え、ゴジラは人々の恐怖の対象として悪役ぶりを遺憾なく発揮しております。

突如出現したゴジラを退治するため、人間側がモスラに助けを求めるというシンプルなストーリーながら、最初は小美人ことザ・ピーナッツの二人に拒否されてしまいます。

その背景には当時の観光開発ブームだったり、金儲け主義の興行師の存在への批判的メッセージがあります。

最終的には、人間を助けてくれるモスラですが、自衛隊の総攻撃、余命僅かとは言え成虫モスラも歯が立たなかったゴジラに対してモスラ幼虫が二匹とは言え糸攻撃のみでゴジラの動きを止め海に沈めてジ・エンド。

しかもモスラ幼虫は二匹ともノーダメージ笑。

後のゴジラ映画でも糸攻撃の能力を遺憾なく発揮するモスラ幼虫ですが、恐らく攻撃耐性は最弱な部類とは言え、この糸攻撃だけで最強怪獣のリストに確実に入りますね…。

子供のころから友人間で最強怪獣はモスラ幼虫説な根強かったです笑。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です