風魔座『怪獣総進撃』

怪獣総進撃』 1968

シリーズ9作目の本作の舞台は、当時からしたらちょっとした近未来。科学技術を駆使して、ゴジラを始めそうそうたる面々の怪獣を怪獣ランドと呼ばれる島に飼っているという何ともびっくりな設定。今書いていて思ったけどこの設定はジュラシックパークと似てるね。

何でもこの映画公開当時は、ゴジラ映画の人気も落ち目で、ゴジラシリーズも本作で最後という話もあったそうな。最後にパーっと怪獣勢ぞろいさせるための設定だったんでしょうか!?

でも、僕が一つ突っ込みたくなったのは、モスラまでも他の怪獣同様、怪獣ランドで飼われているところ!いや、インファント島から離しちゃだめでしょ!モスラだけは!

そんな、近未来の日本に宇宙人キラーク星人が侵略してきて、怪獣ランドの怪獣たちも操られそうになったりするけど、何とか支配から脱出してキラーク星人側の連れてきたお馴染み宇宙怪獣キングギドラと大バトル。というのが概ねのストーリーなんだけど、ゴジラ・モスラ・ラドン・ミニラ・バラゴン・アンギラス・マンダ・バラン・ゴロザウルス・クモンガVSキングギドラという恐ろしく偏ったハンディキャップマッチで、流石のキングギドラも登場したとき、最初の勢いだけでその後はほぼいいところなくリンチにあい敗北。しかも劣勢になって宇宙に退散というパターンは他のゴジラ作品で負けた時のキングギドラではよく見られるが、今回ばかりはタコ殴りにされた挙句、動けなくなり完璧死んでる?描写まで描かれてます。ここまでやれるキングギドラは後の平成VSシリーズ『ゴジラVSキングギドラ』でメカ化される前に仮死状態で海に沈んでいく時くらいではなかろうか!?

個人的にはストーリー的にも、さほど面白い作品ではなく、とにかくいっぱい怪獣が見たい時に見る作品かな汗。マンダとかクモンガとかマニアック怪獣が見れるのは嬉しいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です