風魔座『メカゴジラの逆襲』

『メカゴジラの逆襲』1975

ゴジラシリーズ15作目。

前回、ゴジラに破壊され海に沈んでいたメカゴジラを回収し復活させた大宇宙ブラックホール第三惑星人。

しかも前回は、ゴジラ・キングシーサー二匹で倒したのに今回は逆にメカゴジラ側にチタノザウルスという助っ人もいます。

このチタノザウルスがどういう訳かなかなか扱いが大きく、登場時間も長い上にメカゴジラが敗れた後も最後までゴジラと戦います Σ (*`ω´*)ノ

でもチタノザウルス光線もはかないし、戦い方的にはこれといった特徴がないんだよなあ汗。

最後は、ブラックホール第三惑星人によってサイボーグに改造させられ、メカゴジラの起動装置まで身体に仕込まれてしまった女性かつらが自らを破壊(自殺)するというこの時期のゴジラ映画にしては悲しい展開。

ゴジラシリーズにも関わらずゴジラを差し置いて、タイトルに名前を冠したメカゴジラの人気ぶりが伺えますが、当時斜陽だった怪獣映画の人気を持ち返すまではいかず…。本作を最後にゴジラシリーズは長い冬眠に入ってしまうのです…。

今回の自慢の一品。

もう一体持ってました。初代メカゴジラソフビ。

こちらは、ちょっとレアな山勝製。ちょうどディフォルメからリアルな造形にソフビが移行(進化)していた時期のソフビでレトロ感もあり趣がありますね。

サイズはBANDAI製よりも一回り小さめ。

ソフビ愛は尽きない。

風魔座『ゴジラ対メカゴジラ』

『ゴジラ対メカゴジラ』1974

ゴジラシリーズ14作目にして後の人気怪獣メカゴジラの初出。

舞台は沖縄。玉泉洞に基地を構え、地球侵略を図る実は猿人の大宇宙ブラックホール第三惑星人が操るメカゴジラとゴジラ・キングシーサー・アンギラスとの大バトル。

今でこそ、自分は沖縄は第二の故郷と思っているほど思い入れのある場所ですので、改めて見ると舞台が沖縄というだけで嬉しくなる。

そして、メカゴジラ!自分が子供の時ゴジラを見だしたときは、人気怪獣と言えば、ゴジラ・キングギドラ・メカゴジラが鉄板だったと思います。

が、このメカゴジラが初めて銀幕に登場した本作公開時はゴジラ含め怪獣映画自体の人気が下がっていっていた時期。いつシリーズが終わってもおかしくない時期に登場した怪獣だったんですねえ  (:.;´゜;3;゜`;.:)

一個、見ていて気になってしまったところは、 大宇宙ブラックホール第三惑星人 がメカゴジラのことを『サイボーグ』と言っていたところ!サイボーグということは元になった生命体がいた!?ということ!?ガイガンがサイボーグなのはわかるけど、メカゴジラは完璧にロボットだよね (:.;´゜;3;゜`;.:) ?

ともかく、その後のゴジラ映画にもわき役でしか出てこないキングシーサーくんですが単体で主役級の怪獣としてでておかしくない位魅力的な怪獣だよね。

話はそれますが、玉泉洞といえば、、、、

過去に玉泉洞でプロレスの試合をしたことがあります (:.;´゜;3;゜`;.:)

琉球ドラゴンプロレスさんでの試合!こんなに凄いところで、貴重な経験させて頂きました!

この時、チャンピオンだったんだね汗。

また必ずチャンピオンになって沖縄に凱旋致します!

自慢の一品コーナー。

BANDAI1983年製メカゴジラ。

僕が生まれる前のものです。僕がゴジラを見だしたときは、平成VSシリーズのスーパーメカゴジラが出た時だったのでこの古い初代メカゴジラのおもちゃはもうなかなか売ってなかったですね。こちらは、大人になってから中古で入手したものです。近所のゴジラ好きのお兄ちゃんK太君が持っていてどうしても欲しかったのです…。

風魔座『ゴジラの逆襲』

ゴジラの逆襲』 1955

ゴジラシリーズ2作目。まだ白黒映画だ。

アンギラスの初出であり、ゴジラが他の怪獣と対戦する初めての映画ではあるが、アンギラスも途中でゴジラに敗れるし、まだ怪獣対怪獣ではなく、ゴジラと人間との闘いをメインに描いている。

恐怖の対象であるゴジラという印象は依然として強くするためかゴジラ映画では珍しく、終盤はメイン級の登場人物の小林パイロットの死という悲しい展開もある。

ゴジラとアンギラスの戦う場面は、かくかくとした動きも結構あり、着ぐるみではなくへリー・ハウゼンの映画の流れをくむクレイアニメ、ストップモーションアニメで撮影したと思われる。

どういう訳か、この作品のゴジラの顔をアップでみるとすごい出っ歯だ笑!