風魔座『ゴジラVSスペースゴジラ』

ゴジラVSスペースゴジラ 1994

ゴジラシリーズ21作目。

平成VSシリーズ以降は、人類の敵だったゴジラがゴジラ細胞から産まれた宇宙怪獣スペースゴジラを倒すため結果的にではあるが人間のために戦ってしまうまさかの展開。

しかし人間側は打倒ゴジラのため新兵器MOGERAを開発してたり余念がない!

ベビーゴジラが成長したリトルゴジラは、どういう訳か体は大きくなってるけどディフォルメ感が強くなっていてアニメチックになってしまった笑。可愛いけどリアリティが無いというか、世界とのアンバランス感が否めない。まあ、可愛いからいい。

これまでゴジラ映画登場の怪獣は無駄な装飾などないスッキリしたデザインの怪獣が多かったけど、 新登場のスペースゴジラは、なんだかハデハデでどちらかというとウルトラ怪獣感がある。

MOGERAの合体ロボ要素といい、アニメ調のリトルゴジラといい子供の層をかなり意識して作られたっぽいね。

かく言う、僕も小学二年生の時に劇場で見ましたが(﹡´◡`﹡)

BANDAI94年製&98年製スペースゴジラ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です