風魔座『空の大怪獣ラドン』

『空の大怪獣ラドン』(1956)

後に、東宝三大怪獣の一つと言われる、ラドンの初出(あとはゴジラとモスラ)。

この前年に公開されたゴジラの2作目『ゴジラの逆襲』はまだ白黒映画でしたが、この映画はカラー!って調べたら東宝初のカラー映画だったんですね。

ラドンと戦闘機のバトルシーンなで特撮も本当見ごたえあります。今のCGで全部済ましてしまうSF映画とは一味も二味も違った生々しさのような味わいがありますね。古臭いと思う人も多いかと思うけど個人的にはそう思います。

ラドンの餌(笑)としてでてくるメガヌロンも結構好きな怪獣です。その後、長らく映画に出てくることはありませんでしたが、50年近い年月を経て『ゴジラ×メガギラス G消滅作戦』で再び日の目を見るとは誰も想像出来なかったでしょう!

この映画を改めて見て思ったことはラドンは一体、何匹いるんだ!?と(笑)

その後、ゴジラシリーズに出てくるときも1匹単体でしか出てこなかったラドンですが、この作品ではとりあえず2匹は出現しラストロケット弾で倒されてしまいます。

しかしながら、卵から孵化するシーンなど見てみたもまだまだラドンは潜んでいる気がしますね。

案外まだ、阿蘇山の廃坑に何匹も生息してるかも知れませんよ…!?

メガヌロン、ラドンを始め阿蘇山近郊は中世期の化石の宝庫でしょう!時間があればゆっくりと化石探索の旅に行きたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です