風魔座『ゴジラ2000 ミレニアム』

『ゴジラ2000 ミレニアム』1999

ハリウッド版ゴジラの大失敗でゴジラ死すのキャッチフレーズからわずか4年で日本産ゴジラ復活(笑)のシリーズ23作目。

世界観も再びリセットされて新しい設定。

…も、個人的にはややインパクトに欠ける再スタートとなってしまった印象。

ゴジラという脅威に立ち向かう人間を主軸にしているのは、シリーズ一作目1954年版『ゴジラ』VSシリーズのスタートの1984年版『ゴジラ』と同じだが、人間がゴジラにちょっと慣れ切ってしまっている感じも本作からは見られる。

新怪獣の宇宙怪獣オルガも最後にちょっと出てくるだけだし、出現までじらした割にそんなに強くない(;’∀’)

全然見た目は違うけどゴジラ細胞を取り込んだ宇宙怪獣という設定はスペースゴジラに似てるね。

人間対ゴジラなのかゴジラ対オルガなのかブレてるのもいまいちな印象の理由かな(;^ω^)」

唯一好きなのはデザインも一新されたミレニアムシリーズのゴジラの造形。背びれが印象的でやや前傾姿勢の新しいゴジラは歴代ゴジラの造形でもかなり好みっす。

あ、あと阿部寛さんこの頃にはもう癖のあるキャラという才能を開花させてたんですね (^ω^) 当時は俳優にはそんなに興味が無かったから気にしてなかったけど今ではファンなので改めて見るとこういう発見もありますね (^ω^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です