風魔座『ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃』

『ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃』2001

ミレニアムシリーズに入って、オルガ・メガギラスと新怪獣を登場させたけどいまいちパッとしなかったからか、過去の人気怪獣ババーンと登場です。

僕が嬉しかったのは、タイトルにすら入ってないけど平成に変わって初登場のバラゴン!

いや、でもバラゴン弱すぎるのよ‥。あまりに一方的にゴジラにボコられ即効リタイア‥( ;∀;)これ、登場させた意味あるか‥!?

というか、この作品のゴジラはゴジラ映画史上最強と言っていいくらいとにかく、強い。見た目も何故かミレニアムシリーズでこれだけ平成VSシリーズのような外見に常に白眼剥いた凶悪さ。

キングギドラ、モスラといったライバル級の二怪獣が束になってかかっても叶わないという絶望感。

しかし、バラゴン登場と同じ位嬉かったとこがキングギドラの設定。守護神怪獣という今までの宇宙人(若しくは未来人)に操られた宇宙怪獣という設定はなんだったのか?!という180度変わった設定だけど、自らの意思で戦うキングギドラはカッコいい。

モスラと合体した千年竜王の見た目も西洋的なドラゴンというより東洋的な竜って感じで過去のキングギドラで一番好きです。

そして、この作品ミレニアムシリーズで一番好きです。

以上!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です