「登山」カテゴリーアーカイブ

2019年8月13日 金時山(1,212m 富士箱根伊豆国立公園)ナイトハイク登山記録。

恒例の金時山登山。今年9回目。

今回は、趣を変えてナイトハイクという形で登山してきました。

メンバーは、湘南ゴールドエナジー守屋代表とマラソン系アスリート本多さん。因みに僕の登山記録は特に明記がない場合単独行です。

ルートは、いつも通り足柄峠からピストン。

午後九時足柄峠登山口を出発。

ヘッドライトと月明かりが頼りです。

暗闇の鳥居、雰囲気がでますね。

プラナリアの仲間のコウガイヒル。何度も登っているこのルートですが朝や日中は見たことありませんでした。

ふと後を振り返れば、御殿場の夜景が。ナイトハイクならでは。

45分ほどで山頂到着。

落ち着いた雰囲気の静けさ、何ともいえない心地よさにしばらく山頂で談笑。テント泊の山行や、日帰り登山でも長時間の無謀な山行等で暗くなっても登山を続けた経験は過去に何度もありますが(まあ、暗くなるのを覚悟で行ったものや、正月の初日の出登山等、日が出る前に登りはじめるものも含め)、敢えて夜に登山を行うことを目的のナイトハイクは初めて。独特の雰囲気と日中では味わえない魅力で新たな発見がありました。正し、ナイトハイク何度も登った経験のある山であることが鉄則ですね。

下山時、駐車スペースまであと少し!のところでまさかの雨に降られてしまいました笑。

登山の模様をYouTubeにもあげたので良かったらご覧下さい!

金時山ナイトハイク 2019 夏!


2019年8月10日 仙丈ケ岳 (3032.6m 南アルプス・赤石山脈) 登山記録。

2019年8月10日 仙丈ケ岳 (3032.6m 南アルプス・赤石山脈) 登山記録。

北沢峠~仙丈ケ岳のピストン。

本来なら、混雑が予想されるこんなお盆の時期に人気の山に登山なんて行かないんですが、まさかの行けるタイミングだったので急遽登って来ました。

市営芦安駐車場までマイカー。バスで北沢峠まで行きそこから登山開始。

深夜3時、市営芦安駐車場に到着。この時点で第4駐車場まで満車。第5駐車場に駐車。仮眠。

午前5時。始発の広河原行バス乗車。この混雑具合で果たしてバス乗れるのか不安になりましたが、時間になると目視できただけでも5、6台のバスが来て無事乗れました。万一バスに乗れなくても乗り合いタクシーもなんとバスと70円しか変わらない運賃で乗れるようです。

広河原で、バス乗り換え北沢峠へ。ようやくここから登山開始。7:30。

大滝ノ頭五合目を抜けしばらくすると森林限界を超え、一気に開けます。

六合目付近から。歩いてきた後方には、甲斐駒ヶ岳。富士山の姿も。

9時過ぎに小仙丈ケ岳到着。

小仙丈ケ岳から仙丈ケ岳と北岳。

10時過ぎに仙丈ケ岳登頂。

下山。13時、北沢峠帰還。

登山の模様をYouTubeにもアップしているので良かったらご覧下さい!

君も天空散歩の旅に出よう!シーズン最盛期の南アルプス・仙丈ケ岳登山!


2019年7月29日 木曽駒ケ岳 (2,956M 中央アルプス・木曽山脈) 登山記録。

2019年7月29日 木曽駒ケ岳 (2,956M 中央アルプス・木曽山脈) 登山記録。

今回は、お手軽登山ということで、駒ケ岳ロープウェイと使い千畳敷へ。一気に標高2,650mまで行って登山開始。

登山ルートは、千畳敷9:00~乗越浄土~中岳~駒ケ岳10:00~中岳~宝剣岳11:00~乗越浄土~千畳敷11:30

菅の台バスセンター。ここからバスでしらび平へ。チケットはバス、ロープウェイの往復分をまとめて購入。

ロープウェイしらび平駅。

ロープウェイで一気に千畳敷へ。千畳敷から宝剣岳を望む。ここから登山開始。

30分程で乗越浄土へ到着。やはり自分の登山としては珍しくシーズン中のため物凄い人。

乗越浄土から15分で中岳登頂。

さらに15分で木曽駒ケ岳登頂!3,000M近い標高の山に登山開始からわずか1時間程で登れてしまいました汗。一昨日登った空木岳に続きガスっていて何も見えず汗。

帰りは、せっかくなので、宝剣岳にも足を伸ばしました。基本緩やかな勾配で危険箇所は少ない駒ケ岳と打って変り、ゴツゴツの岩肌にロープ、鎖場多数の宝剣岳。前のグループはヘルメット着用していましたが、それが正解。

宝剣岳登頂!

下山。帰りも同じくバス、ロープウェイ使用。駒ヶ岳ロープウェイ千畳敷駅は鉄道など他の駅を含めても日本一標高の高い駅。何故か2,612Mと表記されていますが実際は2,650M程のようです。

登山の模様をYouTubeにもアップしているので良かったらご覧下さい!

お手軽3,000m級登山。車中泊から、木曽駒ケ岳夏山登山 2019


2019年7月27日 空木岳(2,864m 中央アルプス・木曽山脈)登山記録。

2019年7月27日 空木岳(2,864m 中央アルプス・木曽山脈)登山記録。

池山林道途中の登山口からピストン。

前日、池山林道終点登山口まで行き、車中泊。

明朝、6時に登山開始。

登山開始から…、約30分。あれ!?池山林道終点登山口に到着。登り始めた、林道終点だと思ってたところは林道途中の登山口でした。登山口の道標がしっかりあったので勘違いしてしまいました。どうりで天気が悪いとはいえシーズン中なのに他に車がないのはおかしいと思った。林道終点にはちらほら車が。

池山小屋近くの水場。

ヤセ尾根。迷尾根。注意して登りましょう。

段々、天気崩れます汗。空木平避難小屋の少し手前で野うさぎに出会いました!この写真だと小さいのでわかりにくいですが。

その後、順調に雨が強まり…、空木平避難小屋につくころにはまあまあの降り具合汗。ここで十時半。

11時過ぎ、なんとか登頂。残念ながら、眺望も何も全く見えないのですぐに下山!

この天気の賜物か、多数のヒキガエルに出会いました。中々の重量感笑。

15時15分、登り始めた、林道途中の登山口に帰還。

登山の模様をYouTubeにもアップしているので良かったらご覧下さい!

車中泊から雨の空木岳、夏山日帰り登山 2019


 

2019年6月13日 戸谷山605m 石尊山571m (群馬県)登山記録。

ぐんま百名山に選出されている石尊山と戸谷山に登って来ました。

バイクで風戸峠まで行き、風戸峠~戸谷山~風戸峠~石尊山~風戸峠。

風戸峠。特に標識はありませんが、風戸峠というらしいです。安中市と高崎市の市境。

ここから登山道に入ります。しっかり道標があり。

しっかりと整備され、歩きやすい登山道。

途中、二手に分かれる箇所がありますがどちらに行っても結果的に大丈夫です。

なんとここが、戸谷山山頂!

倉渕デジタルテレビ中継放送所。だそうです。

山頂の標識もしっかりあります。

登頂証明。といっても風戸峠から15分程笑。

風戸峠に戻り、今度は反対側の石尊山へ。しかし、車道から戸谷山への登山道入り口にはしっかり道標あり、わかりやすかったがこちらにはなし汗。どうやらこの安中市の看板の後ろが登山道のようです。

進んで行くもめちゃくちゃ荒れてます笑。

しかし、時々赤テープは確認出来るので信じて進むこと10分。

石尊山山頂到着!10分間の冒険でした笑。山頂はしっかりしていて標識もあり石碑もあります。風戸峠からの登山道はかなりマイナーなようです。といっても10分だけど。

木々の間からの眺望。

ぐんま百名山石尊山登頂!

格好みたら分かると思いますが、実は登山に行こうと思っていた訳ではなく、バイクで風戸峠を通りかかったら戸谷山の登山道標識が見えたのでどんな山か調べてみたらすぐ登れそうだったので慣行した軽登山でした笑。

ぐんま百名山という存在も今回はじめて知ったんですが、調べてみたら11か12は登っていましたね。

2019年6月25日 金時山(1,212m 富士箱根伊豆国立公園)登山記録。

今回はちょっと時間が空いてしまいましたが、恒例の金時山登山へ行って来ました。

いつも通り、足柄峠からのピストン。

湘南ゴールドエナジー守屋氏と。守屋氏は通算85回目、今年16回目の登頂。私は今年8回目、通算は数えてないから不明ですが恐らく30回位かなあと思います。

山頂にて!富士山見れず!

恒例の金時山登山ですが、どんな感じなのかというのをよりお伝えしてみようと今回は動画を撮ってYouTubeにアップしましたので良かったらご覧下さい!

2019年6月19日 伊豆大島遠征② 三原山(剣ガ峰749m)登山記録。

せっかく伊豆大島に行ったので三原山にも行って来ました。

バスで三原山山頂口まで行き、山頂遊歩道~火口一周遊歩道を一周してバス停まで戻りました。

三原山山頂口バス停。

山頂口展望台。ここから山頂遊歩道が始まります。

しばらく行くと1986年溶岩流先端部が。

溶岩流の塊の上から。

度々、現れる溶岩流シェルター。

バス停から30分程で火口に到着。ここから時計回りに火口一周遊歩道を歩きました。

ここまで歩いてきた、山頂遊歩道を見返す。

踏むことが出来る剣ガ峰には特に山頂道標もなく気付いたら通り過ぎてしまっていました笑。

最高峰の三原新山758mまでは登山道が作られてなく入ることが出来ないので手前で登頂記念撮影。

パノラマ撮影。左が三原新山、右奥が剣ガ峰。

こちらは、三原神社のすぐ近くにある、ゴジラ岩。

三原神社に参拝し、往路と同じく山頂遊歩道からバス停まで戻りました。

どちらかと言うと登山というより火山見学といった趣きの三原山登山ですが、普段ピークハントを目的として登山している身からすると山頂道標は欲しいですね!後は可能なら最高峰三原新山にも登りたかったです笑。

2019年5月4日 碧岩1,125m・大岩1,133m (群馬県南牧村) 登山記録。

2019年5月4日 碧岩1,125m・大岩1,133m (群馬県南牧村) 登山記録。

前日の檜沢岳に続き、南牧村に滞在し碧岩、大岩に登って来ました。

ルートは、

三段の滝・碧岩登山口 5:20 ~三段の滝 5:50 ~碧岩入口~二又~碧岩 7:20 ~二又~大岩 8:20 ~二又~三段の滝~三段の滝・碧岩登山口 9:50

三段の滝・碧岩登山口。この近辺に10台位は駐車出来そうです。

しばらく進むと、三段の滝に到着。滝を巻くように登山道を進んで行きますが、傾斜のきつくロープの張ってある箇所もあります。

二又。碧岩・大岩方面に進みます。

碧岩が見えてきました。

碧岩の取り付き。ここまでは、三段の滝を巻く箇所以外は特に危険な箇所はありませんでしたが、ここから一気にレベルが上がります。気を引き締めていかないと非常に危険。

碧岩頂上直下からこれから登る大岩。

とりあえず、碧岩登頂!

大岩に向かいます。振り返り、今登った碧岩。

写真だと分かり辛いですが、かなり高度感のある狭い岩稜を登っていきます。碧岩にはロープが張ってありましたが、大岩にはありません。

大岩登頂!

碧岩も大岩も登頂するためには岩登り、勾配の急な岩稜歩きをしなければなりません。少しでも不安があれば引き返した方が良いですね。登りより下りの方が危険度は増します。

こちらも登山の模様等をYouTubeにあげましたので良かったらご覧下さい。

高齢化日本一!?東京から2時間で行ける秘境!南牧村へ行って来た!後編


2019年5月3日 檜沢岳 (1,133m 群馬県南牧村) 登山記録。

2019年5月3日 檜沢岳 (1,133m 群馬県南牧村) 登山記録。

群馬県南牧村の檜沢岳(桧沢岳)に登って来ました!

ルートは、

大森橋~檜沢岳登山口~檜沢岳 のピストン。

大森橋。この付近に数台の駐車スペースがあります。

大森橋から10分程舗装路を進んでいくと登山口に到着。こちらの登山口は民家の前にあります。

登山口からしばらく進むと、また民家!?というか廃屋!?があり道を間違えたかと思いましたがあっているようです。廃屋の写真はありませんがこちらはその手前。まさか廃屋の敷地内に登山路があるとは。

そこから先は、普通の登山道になります。

見事な猿の腰掛。

山頂付近に近づくと岩場も出てきます。ロープが張ってありますが慎重に。

大森橋から約一時間程で登頂!

来た道を慎重に。30分程で下山。

この後、南牧村自然公園キャンプ場にてキックボクシングスタジオFineの皆さんとBBQ。今回、南牧村へ行ったきっかけはこれだったのですが、せっかくならと、一泊し翌日は碧岩・大岩を登山。

この時の模様をYouTubeにもアップしてますので良かったらご覧下さい。

高齢化日本一!?東京から2時間で行ける秘境!南牧村へ行って来た 前編


2019年4月23日金時山(1,212m 富士箱根伊豆国立公園)登山記録。

2019年4月23日金時山(1,212m 富士箱根伊豆国立公園)登山記録。

この日も、試合前の登山。

足柄峠からのピストン。

前回の金時山登山では久しぶりに山頂から富士山を望むことが出来ましたが、また見えなくなってしまいました笑。

山頂で撮影した動画を「愛犬の死から学んだこと!」という題でYouTubeに投稿したので宜しかったらご覧下さい。